FC2ブログ


カスタム検索

あさりを使って


あさりを使って潮汁
最近は輸入ものの方が有名になりつつあるアサリではあるが、良質で水から煮立てて清汁にできるような貝は少ないと聞く。冬は国産のアサリは手に入らないが(やせて不味いので普通は食べない)桜の時期になると東海地方を中心とした各地から出回ってくる。
塩を振り殻をこすり合わせて汚れを落としたアサリを中華鍋(フライパンでも良い)に入れ火にかける。熱くなったら酒を入れ蓋をする、2分もしないうちに貝が口を開くので火を止める。汁の身に必要な個数を別の鍋に取り昆布だしを注ぎ味を整え頂く。戻したワカメを加えても良い。鍋に残ったアサリは其のまま酒蒸しに仕上げていっても、干物に仕上げて酒肴にするなり自由が利く。
Posted by 良いものねだり at 2009/04/13 01:27 | Top▲

魚料理


今度は魚料理に挑戦だ!
魚料理をするには大概包丁を使うが、フレッシュマンが包丁を準備しているのは少ないと思い今回は手とテレフォンカードでやっつける、いわし料理(刺身)にする。
鰯はそろそろ脂が乗り始めるが、新鮮な魚を置いているお店で求めることが肝要である。新鮮な小型の鰯を流水で良く洗い(鱗を取る)親指の腹で内臓を押し出しながら腹を割く。
頭の付け根から尾に向けて背骨に沿ってテレホンカードを使って片身を削ぎ下ろす。
もう一方の身も同様に削ぎ下ろす。
片身が鮨ねたくらいの大きさなら小骨は気にならない筈なので其のまま塩をしてもみ、数回もみ洗いする。聞くところによると7度洗えば鯛の味とも言うらしい。それだけもみ洗いすれば鱗も取れるはず。醤油、山葵でいただこう!
鰯はDHAやEPAも豊富でかの紫式部や小野小町も好んで食べたらしい。又タウリンも充分で視力を養うことも請け合いである。
因みに鰯のことを”むらさき”、”おむら”と呼ばれたらしい(宮廷女官)
Posted by 良いものねだり at 2009/04/12 01:25 | Top▲

もやしを作る


もやしを作って楽しむ1
家庭菜園もやろうと思えば結構大変だが、もやしなら簡単だし失敗が少ないうえ安全安心この上ない。是非トライして見て欲しい。
豆やさんで緑豆でも何でも良いから大豆を購入する。
2リットルのペットボトルの底2センチになるくらいの豆を流水で充分洗浄しその後豆を一晩水につける。
ペットボトルの肩口のところで切り離した底の方に水で戻した豆を敷き詰め(2CM程度の厚みに)上部をガーゼなどで覆って(面倒なら切り離したペットボトルの先端を逆さにして被せても良い)暗所においておく。一日二~三回程水で洗い、水を切って暗所に置いておくと数日で美味しいもやしが出来るという按配である。
 豆もやしは食するために一度は加熱が必要だが、ブロッコリー、キャベツ、蕎麦などはそのまま生食できるので、栄養素を全く損なわずに摂る事ができる。マーケットで売り出している、蕎麦菜やカイワレの類であるが自家菜園製??であるので安全安心この上ない。又種や豆夫々の発芽からの経過時間によってその栄養素が最大になる時期が決まっているのでそのピークを外すことなく摂取できるからお得なことこの上ない。
只モヤシにしようとする種や豆はそれなりのものを使用するべきであることは言うまでもない。
Posted by 良いものねだり at 2009/04/11 01:00 | Top▲

卵について2


今一度前回卵の吸い物に使った卵に思いをめぐらせて見よう。あなたのお腹の中に収まった卵が平飼いの有精卵だったらどうだろう。もし卵が其のまま親鳥に抱卵されていたら3週間後には雛になっていたに違いないのです。あなたの生命維持のために大いなる命の犠牲があるわけでこの事実は隠せようがありません。目の前の食物が旨いの、不味いのと言う前に如何にしてその命を最大限に頂き身につけることに心を砕くべきではないだろうか??ステーキを焼く時にも加熱を最小限にして栄養の損失を抑えるように留意したのもその為である。はかり おさめると書いて料理とはよく言ったものであるとおもう。
Posted by 良いものねだり at 2009/04/10 01:01 | Top▲

卵について


前回突然使用した卵については通常どこのお家の冷蔵庫にもあるだろうと思い使ったが無い場合にはだし汁だけを飲んでも一向に差支えが無い。かつおや昆布のアミノ酸が出汁には十分溶け出ているのだから。
話を卵に戻す。一般に卵は完全食品などといわれている。
なるほどたんぱく質の含有量は群を抜いている。当たり前である温めているとひよこになるのだから!!
そのパーフェクトなる食材を最大限利用するには加熱を極力避けることである。ステーキを焼く時にも極力高温調理を避けてきたのを思い起こして欲しい。生卵ではどうといってもそううまくはいかない、卵には豊富なビタミンが含まれるがそのうち水溶性ビタミンビオチンが卵白中の糖タンパクに壊されてしまうのでその作用をとめるための最低限の加熱が必要である。温泉卵にしても良いが、ポーチドエッグもどきの玉吸いが最も簡便で早くできて栄養価も保たれ美味である。ビタミン類で欠落しているのはC位なので、今時なら柑橘類を何か選んで口にすればOKだ。

Posted by 良いものねだり at 2009/04/09 01:01 | Top▲