カスタム検索

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 良いものねだり at --/--/-- --:-- | Top▲

魚料理


今度は魚料理に挑戦だ!
魚料理をするには大概包丁を使うが、フレッシュマンが包丁を準備しているのは少ないと思い今回は手とテレフォンカードでやっつける、いわし料理(刺身)にする。
鰯はそろそろ脂が乗り始めるが、新鮮な魚を置いているお店で求めることが肝要である。新鮮な小型の鰯を流水で良く洗い(鱗を取る)親指の腹で内臓を押し出しながら腹を割く。
頭の付け根から尾に向けて背骨に沿ってテレホンカードを使って片身を削ぎ下ろす。
もう一方の身も同様に削ぎ下ろす。
片身が鮨ねたくらいの大きさなら小骨は気にならない筈なので其のまま塩をしてもみ、数回もみ洗いする。聞くところによると7度洗えば鯛の味とも言うらしい。それだけもみ洗いすれば鱗も取れるはず。醤油、山葵でいただこう!
鰯はDHAやEPAも豊富でかの紫式部や小野小町も好んで食べたらしい。又タウリンも充分で視力を養うことも請け合いである。
因みに鰯のことを”むらさき”、”おむら”と呼ばれたらしい(宮廷女官)
Posted by 良いものねだり at 2009/04/12 01:25 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。