カスタム検索

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 良いものねだり at --/--/-- --:-- | Top▲

昆布だしを引く


昆布出汁については前述したように羅臼を使用するが、個人的には利尻の方を好んで使っている。シャープで透明感がありさっぱりしている所が気に入りだが、引いた後の昆布の始末が羅臼の方が方向が定まって良いと思い羅臼にしているが、あとを塩昆布にトランスフォームしないなら利尻でも構わないし、利尻昆布が塩昆布に出来ないわけでは無いので好みで選んで欲しい。
昆布だし 先ず切った昆布の表面に着いたゴミを乾いたふきんで軽く落とし鍋のに入れる。(昆布にはスリットを入れない)20分ほど放置した後火に掛けて昆布の切り口に気泡が並んだら火を止め暫く放置し昆布を取りだし昆布だしとする。多くは昆布を取り出した後かつおを入れだしをとるが昆布が入ると足が速くなるので別々にしている。使用目的に合わせて両者をブレンドする楽しみも出来る。良く出た出汁はかつお出汁と同様、塩するだけで(しなくても)本当に美味である。又二つの出汁を適当にブレンドして試してもらいたい。ご贔屓の料理屋さんの吸い物に似た味に出会うかも知れない。そうなると出汁を引くのも苦にならなくなるし、良いお店に行くためにつまらない場所には近づかないようにもなるため結果的に無駄な出費を抑えることに繋がる。残っただしは冷蔵して2~3日で使い切るか冷凍保存。
Posted by 良いものねだり at 2009/04/06 01:05 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。